H26年度キッズ・キッチン基礎編スタート!

キッズキッチン基礎編スタートしています
キッズキッチン基礎編スタートしています

キッズキッチン(基礎編市内の年長さんがみなさん参加します)が今年度も5月20日からスタートしています。

まず、身支度をして、かまどの見学から始まります。

「釜の中にお米と水が入っとるーー!」
と、めったに見ることのないかまどに興味深い様子でした。


<基礎編のメニュー>は、
かまど炊きごはん

季節の野菜の具だくさん味噌汁

季節の野菜の胡麻和え 釜炒り茶 です。

いろとりどりの季節のお野菜
いろとりどりの季節のお野菜

席について、ごあいさつをした後、みんなにいろいろ質問します。

「お出汁って何?」

「お味噌汁をつくるときに最初にいれるものは? 」

するといろいろな答えが出ます。

答えがわかったら、昆布とじゃこをお水の入ったお鍋に入れます。

「おいしくなーれ!」

 

そのあと、みんな前に移動、調理の説明と絶対のお約束をします。
豆腐を切る練習も、手をまな板と包丁に見立てて真剣にやってくれました。

 

その間に、最初に鍋の水に入れた昆布とじゃこが大きくなります。


席に戻って、まずは、具だくさん味噌汁
火をつけるのも、みんなの仕事。ひと煮たちしたらみんな順番に昆布とじゃこをすくって、しっかり出汁をとります。

包丁を使うことはドキドキしますが、何回か声をかけると少しずつコツをつかみます。

豆腐を手の上で切ることも、練習通り上手にできました。

自分たちで切った色とりどりのお野菜を、丁寧に硬い物からお鍋にいれます。

お野菜が煮えたら、お味噌をといて、お豆腐も静かに入れます。

胡麻和え、胡麻すりはみんな大好きな作業です
胡麻和え、胡麻すりはみんな大好きな作業です

お鍋で野菜をグツグツしている間に、もう一品。

季節の野菜の胡麻和えをつくります。

すり鉢すりこ木をつかって、胡麻すり。

調味料をいれて、みんなで協力してつくります。

今日はアスパラ、グリーン色が鮮やかですね。

 

盛り付けも自分たちで。

 

熱いお茶を普段あまり飲まない子供たちが、急須でお茶をいれる体験もします。

手作りの釜煎り茶(毎年小浜でお茶の葉をとって作ります)のにおいをかいで 少し不思議そうな顔をしていました。
細く乾いた茶葉が広がって、もとの葉の形にもどります。
これまた不思議。

お茶の濃さが同じになるように、お湯のみを並べて少しずつ入れるお茶の入れ方を真剣にやってくれました。

 

初めて食べる野菜もあったけど、モリモリ食べてニコニコの子供たち

みんなで

「いただきます」

「ごちそうさまでした」

とても素敵なお昼ご飯になりましたね。

年長さんになってたった2ヶ月の園児のみんなですが、最初は少し緊張していたものの、静かにお話を聞きくことができました。すばらしい☆

おうちに帰って、食卓でキッチンのお話をおうちの人としてくれると、おうちでもチャレンジしてくれると、嬉しく思います。

 

 

 

このHPについて

このHPは私たちの活動広報を目的としています。

私たちは常時活動しておりませんので、ご了承ください。

ご意見・ご質問などはお問い合わせフォーマットからどうぞ。定期的に確認し、当HP上に回答、または個別にご連絡させていただきます。   

お問い合わせ

SNS発信

LINE ID @HEU7926H