2014年度総会開催、しまつの料理研修会(4/22)

 4月22日にキッズ☆サポーターの総会が開かれました。

昨年度の反省から今年度をどうしていったらよいか、特に拡大版は今年度の回数は減りますが、小浜市のイベントのある日に合わせたり、料金の改定をしたり、参加者が増えるよう工夫が盛り込まれました。

 

キッズサポーターの人数も不足しており、今期は新メンバー加入の声かけや、私達の活動をたくさんの人に知ってもらい興味のある方がおられたら、是非一緒に活動をしていただけるよう、メンバーも努力しようと話し合いました。

 

鯛のあら石野煮
鯛のあら石野煮

 総会後、ホテルアーバンポートにて、「しまつの料理」研修会がありました。

 一物全体食(食材を丸ごと使用し、食することを意味する仏教用語)の考え方をもとに、しまつの料理をいただきました。

 今回は、近海でとれた天然jの鯛を一匹丸ごとつかってコースメニューにしていただき、野菜も皮ごといただきました。

鯛の身・皮→ 薄作り、天ぷら

鯛のあら→ あら石野煮(石野とは白味噌の名前で、調味料につかわれてます。)

鯛の中骨についた身→ へしこと筍の釜飯の中に具としてほぐし身

 

 見た目も味も豪華で、しまつの料理も料理長の手にかかるとすばらしいものだと思いました。

 

ホテルアーバンポート福嶋料理長
ホテルアーバンポート福嶋料理長

 食後には料理長にしまつの料理の工夫など、質問に答えていただきました。

 天然鯛のあら石野煮 皮付大根 では、皮のついた大根を一緒にいただきました。

 皮付きの大根は舌触りが気になるかと思いましたが、味もしっかりとしみていて美味しかったので、どのように料理されたか伺うと、大根は前日に下茹でされたとのことです。圧力鍋などを使わず濃い目の味付けにして、あらの臭みや味の浸透を考えて作られたそうです。味噌が入っているところにも驚きました。

 野菜の天ぷら もすべて皮付きですが、全く違和感がありませんでした。料理長は皮付きでも食べやすい材料を吟味されたようです。

 

 「しまつの料理」といっても豪華に違和感なくいただけたのは、料理長の下処理や工夫があってのことだと感じました。

 

 まずは「皮付きの野菜の天ぷら」から家でも実践してみようかと思っています。
 みなさんもいかがですか?

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Joie Hinman (水曜日, 01 2月 2017 16:32)


    Hi, this weekend is pleasant for me, since this time i am reading this fantastic educational piece of writing here at my home.

このHPについて

このHPは私たちの活動広報を目的としています。

私たちは常時活動しておりませんので、ご了承ください。

ご意見・ご質問などはお問い合わせフォーマットからどうぞ。定期的に確認し、当HP上に回答、または個別にご連絡させていただきます。   

お問い合わせ

SNS発信

LINE ID @HEU7926H