「マタニティお腹すくすくレストラン」に参加してきました!

キッチンBooさんのランチバイキング
キッチンBooさんのランチバイキング

11月16日(金)、「マタニティーお腹すくすくレストラン」に参加してきました。
このレストラン講座は、本年度より制定された「ふくい味の週間(11/11~18)」にあわせて、福井県農林水産部農林水産振興課の主催で、妊産婦と1歳未満の乳児の親を対象に行われているマタニティー世代の啓発カリキュラムです。

嶺南(福井県南部)では敦賀のカフェ・キトテノワさん、小浜市のトラットリアピッコロソーニョさん、そして、今回の開催場所のキッチンBooさんの3ヶ所で企画されています。

 

今日は妊産婦検診先の病院でチラシを見つけた同じサポーター仲間のTさんのお誘いを受け、3人目が6ヶ月になる私(N)が一緒に美味しく勉強してきました(∩д∩) 

講師の藤本さんとシェフの高野さんはお2人ともすごく気さくな方で、ポイントは押さえながらも行詰らないような子育てが出来るようにとの楽しくためになるお話でした。

 

左が高野さん  右が藤本さん
左が高野さん  右が藤本さん

まず、キャンパス内の講義室で料理家の藤本よしこさん(キトテノワの元シェフ、県内の雑誌やフリーペーパーに連載中)とキッチンBooのシェフ高野滋光さんのお話を聞いた後、2階のレストランで葉酸を多く含んだオリジナルメニューを含むランチバイキングをいただきました。

 

藤本さんのお話は、味覚教育(味育)=味わうことを学ぶことの大切さ

子供達がきちんと味わい、自分だけの味覚を育てられるような環境づくりをすることが大人の役割であること。

味覚が育つことによって自分の郷土や季節とのつながり、食べることの意味、身体的・文化的な意義までも考え感じる力が育ってくるそうです。

 

高野さんのお話は、妊産婦や授乳期の親に必要な葉酸を多く含んだ野菜のとり方

育児をしながら、手軽に栄養価の高い料理を作るコツを教えていただきました。

野菜は新鮮なうちに下処理(ゆでて氷水にさらし冷蔵する)ことで調理がぐんと楽になります。

それにソース(胡麻和えやナムルなど)を和えるだけで料理のバリエーションが増えます。

温野菜は下処理することで栄養も保ち、冷蔵することで1週間は保存でき、シチューや煮物などの調理時間の短縮にもなります。まさに一石二鳥、三鳥のお話でした。

 

私達が行っているキッズ・キッチンもまさに味覚教育そのもの。

我が子もさることながら、少しでもたくさんの子供達の将来のため、味育のための環境の場を提供できるといいなあと思います。

 

ゆでたほうれん草をその場でいろんな味付けをして試食させていただきました。
ゆでたほうれん草をその場でいろんな味付けをして試食させていただきました。
ブランジェリーオカモトさんの特性ほうれん草の小豆入りパウンドも
ブランジェリーオカモトさんの特性ほうれん草の小豆入りパウンドも

ちなみに、私がいただいた葉酸たっぷりメニュー

・県産大豆(打豆)のひじき煮

・ブロッコリーのクリーム煮

・ほうれん草の胡麻マヨネーズ

・大根菜とちりめんのキンピラ

・小豆とカボチャのおこわ

 

かなりよくばって少しずつ色んなお料理をいただいてきました。これがバイキングの楽しみですよねえ。

 


余談ですが・・・・、キッチンBooさんは、福井県立大学の学食もなさっていて、今年度の農林水産省主催の地産地消等メニューコンテスト社食・学食部門で、最高賞「農林水産大臣賞」を受賞なさっています。

小浜の食育活動が、行政主導だけでなく、地域の活動になっていることは、私達も本当に嬉しいことです。

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    くいしんぼう (木曜日, 22 11月 2012 11:41)

    妊婦じゃなくて残念(^.^)

    参加してみたかったです!!

  • #2

    kss2012obama (木曜日, 22 11月 2012 15:32)

    くいしんぼう 様
    そう、妊婦じゃなくて残念!
    でも、後で分かった話ですが、マタニティー世代でなくても、
    会費2,000円で参加できたそうです。
    (マタニティー世代は参加費1,000円、半額は県が補助してくれています。)
    by メンバーC

  • #3

    k.mama (金曜日, 23 11月 2012 21:31)

    とても素敵な体験ですね。
    お二人からの直のお話と、盛りだくさんのバイキング!!
    なんだか味覚が、ますますアップしそうな・・・。
    体が喜ぶメニュー、体験してみたいです!

  • #4

    kss2012obama (月曜日, 26 11月 2012 10:52)

    kmama 様
    そうですよね!体が喜ぶバイキング!
    地元のお野菜をふんだんに使ったバイキングは、
    いつも女性でいっぱいですよ!
    おそらく、同様の学食を食べているであろう学生さんたちも
    平均的な大学生よりはるかに健康的なんじゃないかな~、と、思います。

  • #5

    藤本よしこ (水曜日, 28 11月 2012 07:19)

    わぁ!ありがとうございます(^^)
    短時間で味育講座とまではいきませんでしたが、少しずつお母さん達に伝わっていくといいなと思います。
    2月まで毎月ありますので、またぜひご参加下さい♪

このHPについて

このHPは私たちの活動広報を目的としています。

私たちは常時活動しておりませんので、ご了承ください。

ご意見・ご質問などはお問い合わせフォーマットからどうぞ。定期的に確認し、当HP上に回答、または個別にご連絡させていただきます。   

お問い合わせ

SNS発信

LINE ID @HEU7926H